Air Tahiti Nui boeing 787 tahitian dreamliner flying over cloud

B787-9型機(タヒチアン・ドリームライナー)

エア タヒチ ヌイの新機材、タヒチアン・ドリームライナーには、見る人すべてにポリネシアのアイデンティティの本質をアピールするという思いを込めた新デザインの塗装が採用されています。

ブルーのグラデーション、タトゥーのモチーフ、ポリネシアの旗の要素、図案化したポリネシアのシンボルを巧みに取り合わせたドリームライナーの機体デザインは、ポリネシアの人々の誇りを体現し、彼らの価値観を表現したものです。

すばらしい革新技術にタヒチの島々の歴史と精神を組み合わせたタヒチアン・ドリームライナーは、搭乗されるお客様の心を捉え、他のどの飛行機にもない旅を体験していただけることでしょう。夢のデスティネーション・タヒチへ、タヒチアン・ドリームライナーにてぜひお越しください。

 

Experience the Tahitian Dreamliner

タヒチのシンボルのお花、ティアレ

タヒチアン・ドリームライナーの胴体の両サイドに長く引かれた深紅の2本の線はポリネシアの旗から取り入れたもので、118のタヒチの島々とそこに住む人々を象徴しています。

飛行機の後部に描かれている優美なタトゥーのモチーフは、タヒチと人々の物語を表わしています。

世界中の航空機には2桁の国籍記号とそれぞれの飛行機に固有の3桁の登録コードを組み合わせた機体記号が付けられていて、機体後部への表示が義務付けられています。エア タヒチ ヌイでは、機体記号の末尾の3桁の登録コードに大きなこだわりを持ち、4機のタヒチアン・ドリームライナーにそれぞれ、MUA(前へ)、NUI(大きい)、VAA(カヌー)、TOA(戦士)というシンプルながら明確な意味のある3文字を選びました。

4つの登録コードを組み合わせると、「大きなカヌーに乗って前進する戦士」という隠された意味が浮かび上がります。

FAKARAVA TUPAIA BORA BORA TETIAROA
F-OMUA F-ONUI F-OVAA F-OTOA

 

drapeau de la Polynésie Française

機内でタヒチを体感

きれいな空気

タヒチアン・ドリームライナーでは、ガスフィルターを利用した革新的な空気清浄システムが汚染物質や匂いを除去。機内の空気が格段にきれいになり、喉や目、鼻への刺激が少なくなっています。

 

エア タヒチ ヌイの保有するB787-9型機には、機内を循環する空気中の99.97%の汚染物質を除去するHEPA (High Efficiency Particulate Air) と呼ばれる高性能空気清浄システムが装備されています。

HEPAの高性能空気フィルターは、細かいほこりのほか、ウイルスやバクテリアの除去にも有効です。このフィルターは、航空機製造会社の勧告に従い、定期的に交換を行っています。

機内の空気は、常に機外から新しい空気を取り入れ機内で循環させ、その後、機外に空気を排出させることで入れ替わる仕組みになっています。

<キャビンの清掃および消毒について>
‐飛行機が駐機するたびに(トランジットを含む)、Netbiokemなどの消毒薬を用いた機内清掃が行われています。
‐上記に加えて、更なる予防対策として、保有するすべての航空機は、週に2度、フライトの出発前に燻蒸消毒を行っています。
 

Image d'un hublot

景色を堪能

従来機に比べて窓がひときわ大きくなり、位置も高くなりました。通路側を含むどの座席からも水平線の眺めをお楽しみいただけます。電子カーテンで外光を調整するため、窓から取り込む光の明るさをボタンひとつの操作で透明から完全な遮光まで段階に調整できます。

快適な気圧と湿度

大陸間を飛ぶ長距離フライトは疲れやすく、旅行の最大の目的である貴重なリラックスタイムが台無しになることさえあります。タヒチアン・ドリームライナーでは、長距離フライトの疲労に深く関わっている気圧と湿度の問題を大幅に改善しています。ほとんどの飛行機では機内に標高2000~2100mに相当する気圧が設定されているのに対し、胴体に丈夫な複合材料を使っているB787-9型機では標高1800mに相当する高めの気圧設定が可能になりました。キャビンの気圧の違いによる快適さは、搭乗と同時に感じられます。機内の湿度も従来機より高くなり、乾燥による不快感が和らげられています。

Image de l'air

さまざまな最新テクノロジー

Image d'un réacteur

騒音低減

.騒音についても大幅に改善されています。従来機に比べ騒音が60%低減され、静かなフライトを実現しています。エア タヒチ ヌイが新機材に採用したゼネラル・エレクトリック社製のエンジンの革新技術によって実現した大幅な騒音軽減により、搭乗のお客様とクルーだけでなく、空港周辺の住民の快適さも向上しています。
 

安定したフライト

タヒチアン・ドリームライナーの翼に採用されているスムーザーライド・テクノロジーは、乱気流を感知して自動的にコントロールし、静かなラグーンを航海するアウトリガーカヌーのように、機体の揺れを抑制して安定したフライトを維持します。
 

 

Image d'une aile d'avion

新たなプレミアムキャビンとお座席の配置

今回新たにプレミアム・エコノミークラスが誕生したことにより、従来の2クラス制から、エコノミークラス、プレミアム・エコノミークラス、ビジネスクラスの3クラス制となります。また、プレミアム・エコノミークラスにはゾディアック・エアロスペース社(ZODIAC Aerospace)によるZ535タイプの座席、エコノミークラスにはZ300タイプの座席を導入致しました。
seat map of the new Air Tahiti Nui Boeing dreamliner