A flight attendant in the Poerava Business Class of Air Tahiti Nui

お手伝いの必要なお客様

A photo of 4 smiling flight attendants of Air Tahiti Nui

お身体の不自由なお客様のためのサポートをご利用いただけます。ご予約時または出発時刻の48時間前までにリクエストいただきますことをおすすめします。

エア タヒチ ヌイでは、妊娠6か月までは医師の診断書をご用意いただくことなくご旅行いただけます。
妊娠30週目から35週目までのお客様は、ご出発の7日以内に発行された、ご旅行に際し問題がない旨が記載された医師の診断書が必要となります。
妊娠36週目以降はご搭乗いただくことができません。

安全上の理由により、すべてのお客様はお座席にお座りいただき、フライト中はシートベルトを着用していただく必要がございます。
お身体の大きなお客様は、必ずしも2席目のお座席をご購入いただく必要はありませんが、ご希望のフライトにご搭乗いただくことが可能となります。フライトが満席で2席目をご予約されていない場合、お座席1席ではお客様の安全に差し障りがあると判断した場合には、ご搭乗をお断りすることがございます。

車椅子や歩行補助具など
車いすや歩行補助具(手動または電動 *)をご使用のお客様は追加料金なしでエア タヒチ ヌイをご利用いただけます。機器の大きさや重量の制限はありません。ただし空港によってはご搭乗やご降機の必要設備がない可能性があります。

 

* エア タヒチ ヌイは2種類の車椅子でご利用いただけます。

手動車椅子
多くの空港では、飛行機の扉まで、あるいは通路から直接飛行機にアクセスできない場合は搭乗ゲートまで車椅子で移動していただけます。その他の空港では飛行機から出られた所かターミナルに入られた所まで車椅子をお持ちします。
ご予約の際に車椅子の種類、大きさ、重量、折りたたみできるかどうかをお知らせください。より確実なサポートをご提供いたします。

電動車椅子
基本的に電動車椅子は種類に関わらず、受託手荷物としてチェックインしていただき、受託手荷物としてご返却いたします。したがって、ご予約の際に車椅子サポートをリクエストされることをおすすめします。
ご予約の際に車椅子の大きさ、重量、バッテリーのタイプをお伝えください。これらの情報をお伝えいただかなかった場合、バッテリーのタイプによっては安全性の問題により車椅子の輸送をお断りする場合がありますのでご了承ください。

車椅子サポート
チェックインカウンターから飛行機までと、飛行機から空港出口までの車椅子サポートをご利用いただけます。ご予約の際にお申し出ください。

機内専用車椅子
機内でご利用いただくための専用車椅子をご用意しています。機内の通路用に設計されており、お手洗いへご移動の際にご使用していただけます。

安全のため、お身体の不自由なお客様と運動機能の障害があるお客様には付き添いの方のご同乗が必要です。付き添いの方の役割は緊急時、特に緊急非難の際の補助です。付き添いの方の同乗が必要とされるのは以下の場合です。

  •     ご搭乗者に重度の精神障害があり安全に関する指示の理解や実行が困難な場合
  •     ご搭乗者が視力と聴力の両方に障害があり乗務員とのコミュニケーションが困難な場合
  •     ご搭乗者に運動機能の障害があり、緊急避難の際に行動することが物理的に困難な場合。対麻痺をお持ちの方、麻痺のある方、両腕のない方の多くは付き添い者なしでご搭乗いただけます。

付き添いの方は以下の条件を満たしていることが必要です。

  •     18才以上で自立していること
  •     同時に他の5才未満の子供や他の運動機能の障害がある方の世話をしていないこと

エア タヒチ ヌイの機内には、医療用の注射器を安全に保管する入れ物を備えていますので、乗務員にお尋ねください。

ご使用済みの医療機器類は、他のお客様に危害を与える恐れがありますので、お座席のシートポケットなどに入れることは禁じられています。

冷却が必要な薬を機内にお持ち込みになられる場合は、お客様ご自身で中に氷やドライアイスが入った冷却用の入れ物をご用意いただく必要があります。
客室乗務員がお客様の薬をお預かりすることや、薬を機内の冷蔵庫に保管することはできません。

なお、危険物の取り扱いの規制により、2キロを超えるドライアイスをお持ち込みになる場合は、入れ物を完全に密封していただくことはできません。二酸化炭素を外に放出する為の小さな空気口を設けていただく必要があります。