2018年10月1日以降の燃油特別付加運賃のご案内

2018 年8月08日

2018年10月1日以降の燃油特別付加運賃のご案内

エア タヒチ ヌイは、2018年10月1日発券分以降の日本発運賃の航空券の燃油特別付加運賃を、一区間につき10,500円といたします。

燃油特別付加運賃とは、今般の燃油の高騰に際し航空運賃とは別に、一企業の企業努力によって補うことのできない燃油代金の一部をお客様にもご負担いただくものです。お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

燃油特別付加運賃は、大人・小児・幼児(お座席使用の場合)ともに同額となります。ただし、お座席を使用されない幼児は対象外となります。

適用: 2018年10月1日発券分より
対象路線 : 日本-タヒチ間
対象運賃 : 小児・幼児を含む日本発全運賃(ただし、お座席を使用しない2歳未満の幼児運賃は対象外)
対象航空券 : 特典航空券を含む全ての航空券
徴収方法 : 航空券に切り込み
金額 : 一区間につき10,500円 (航空保険料は、別途400円でこれまでどおり変更はございません)
 

※適用: 2018年9月30日発券分まで
対象路線 : 日本-タヒチ間
対象運賃 : 小児・幼児を含む日本発全運賃(ただし、お座席を使用しない2歳未満の幼児運賃は対象外)
対象航空券 : 特典航空券を含む全ての航空券
徴収方法 : 航空券に切り込み
金額 : 一区間につき7,000円 (航空保険料は、別途400円でこれまでどおり変更はございません)

 

なお、この燃油特別付加運賃は、燃油価格が一定基準で安定的に推移することが見極められるまでの間の設定とし、今後の燃油価格の状況に沿って廃止や見直し等を検討してまいります。

1月・4月・7月・10月【表1】に航空燃油(シンガポールケロシン)価格を確認し、直前の3ヶ月平均燃油(シンガポールケロシン)価格が下表【表2】の条件額を下回った場合、国土交通省への認可申請を行い、翌々月の1日発券分から燃油特別付加運賃を下表のとおり改定もしくは廃止いたします。

【表1】

実施時期(発券日ベース) 燃油価格動向の確認時期 燃油価格動向の把握
4月1日 2月に確認 11月から1月までの3ヶ月平均価格
7月1日 5月に確認 2月から4月までの3ヶ月平均価格
10月1日 8月に確認 5月から7月までの3ヶ月平均価格
1月1日 11月に確認 8月から10月までの3ヶ月平均価格

【表2】

シンガポールケロシン
価格(1バレルあたり円単位)
燃油特別付加運賃額
旅行開始国が日本の場合
燃油特別付加運賃額
旅行開始国がタヒチの場合
9,000円以上10,000円未満の場合 10,500円 14,000パシフィックフラン
8,000円以上9,000円未満の場合 10,500円 14,000パシフィックフラン
7,000円以上8,000円未満の場合 7,000円 10,500パシフィックフラン
6,000円以上7,000円未満の場合 3,500円 7,000パシフィックフラン
5,000円以上6,000円未満の場合 1,500円 5,000パシフィックフラン
5,000円未満 廃止 廃止