tahitian tiare flowers

エア タヒチ ヌイの歴史

Photo of an Air Tahiti Nui plane flying above clouds

エア タヒチ ヌイの歴史

1996年、エア・タヒチ・ヌイは、タヒチの島々と世界を結ぶために設立されました。 エア タヒチ ヌイの5機のエアバスA340-300sはパリ、ロサンゼルス、オークランド、東京からタヒチへのサービスを提供しています。 パートナーシップとコードシェアにより、その路線網はシドニーやニューヨークなど世界39の主要都市を繋いでいます。

 

タヒチを代表するエアラインとして、エア・タヒチ・ヌイではご搭乗時に客室乗務員が温かい笑顔と白いティアレの花でお出迎えするなど細部にまでタヒチの自然、美しさ、ホスピタリティを感じて頂けるサービスを提供するため、最大限の努力をいたします、

A greeting that includes a warm smile and beautiful white-petal Tiare, a cabin crew that changes from sleek city uniforms to elegant and comfortable Tahitian attire shortly after take-off, service that is both attentive and unassuming and enthusiasm from all its staff to do whatever it takes to make passengers feel relaxed and satisfied.

Photo of a a hostess offering a Tiare flower at the entrance of the Air Tahiti Nui plane
Photo of a hostess that places a cushion on a Air Tahiti Nui Poerava Business seat

数々の受賞歴

様々な取り組みの結果として、エア・タヒチ・ヌイは、トラベル&レジャー誌の「世界のベスト・インターナショナル・エアラインズ」(2011年-2012年)とグローバル・トラベラーの読者による「南太平洋のベストエアライン」(2011年-2012年)などを過去に受賞しております。